留めぬ改良。

 しぼりたての酒を利く度に、明らかに向上していく味に驚かされます。

 耳にタコができるぐらい何度も書きますが、令和01醸造年度を迎えるに際して、岩波の蔵元側からは「ウマミとキレが調和する酒」を作って欲しいという要望を、杜氏側に出しておりました。

 その要望は、発売済みの新酒の出来と評判の良さ甘酒が長野県内最優秀賞を受賞していることからわかるように、きちんと応えてくださっていることを知っておりましたし、それに深く感謝しておりました。

 が、それでは話が終わらず、佐田杜氏はその後も改良を続けている様子で、先日搾った弊社の「ただの普通酒」の原酒なのですが、昨年のものの出来を遥かに超えるとんでもなく美味しいお酒に仕上がっておりました。当たり前を見直し、論理的に一つ一つ歩み進んだ結果、何かを掴んだのかもしれません。

 要望を出した側の私林は、何も言わずとも改良を続けてくださっていたんだなーと大変感動し、その改良が驚くほどの美味しさを生み出しており、改良が進んでいるぜヤッターなガッツポーズな瞬間でした。そして営業や商品企画をもっともっと頑張ろうと思う瞬間です。

 岩波の造りは、前半戦の年開け前1セット目、後半戦の年明け後2セット目の体制で造っていますが、杜氏側はすでに2セット目の造りが楽しみで仕方がない様子です。

 皆様にも楽しみながら造った美味しい日本酒をご案内させていただきますので、当サイトやオンラインショップをこれからも要チェックでよろしくお願いします!!

Follow me!