鏡花水月 (きょうかすいげつ)

2001年、「鏡花水月」は当時30代の佐田直久ら岩波酒造の若手蔵人たちにより生み出されました。普通酒から大吟醸までラインナップを網羅する「岩波」とは異なり、純米酒と吟醸酒にのみラインナップを限定しました。低温熟成かつ無濾過蔵出しという特別な製法で作られた「鏡花水月」の清酒は、雑味のないスッキリとした飲み口の中に、しっかりとしたうま味と繊細な香りがあり、さらにキレが良いことが特徴です。

画像をクリックしていただくと、各製品の詳細を表示します。